超頑丈な高速小型 SSD、ECLLPSE。Indiegogo で資金調達中

Sponsored by ECLLPSE

今回ご紹介するのは「Unbreakable」、破壊不能、を謳う高速小型 SSD、ECLLPSE。最大の特色は防水防塵等級 IPX67 を取得していること。ハードな現場 でも安心して使用できる SSD となりそうなこの ECLLPSE、現在 Indiegogo でキャンペーンを実施中だ。

小さな筐体に IPX67、ECLLPSE

まずはキャンペーン動画をご覧あれ。

防塵等級は IPX67。この「6」は最も高い防塵等級で、完全な防塵構 造を意味する。「7」と鳴っているのが防水等級で、これは水面下 15cm~1m に 30 分浸しても内部に浸水しないことを保証するもの。 更には各角に付くバンパーのような素材のお陰か耐衝撃性も謳っている。

これだけの頑丈さを持ちながらも小型軽量であることも特徴。 85mm、20.54mm、13.01mm というスティック状で、重さは僅か 19g。

そして、接続に別途ケーブルを必要としないのも利点の一つ。このた め、USB メモリーのようにデバイスに直接差し込む事ができる。保護 キャップとアダプターが一体化した作りとなっているのもうれしい。

もちろん SSD としての性能もなかなかのもの。USB 3.1 Gen2 によ り、読み込み速度は最速 550Mb/s、書き込み速度は最速 480Mb/s。 ストレージは最大 2TB となっている。

頑丈なケースのナカミ

内部に入っているのは Sandisk/東芝製の 64 ビット 3D NAND TLC (3 次元構造の NAND 型フラッシュメモリ)。SSD コントローラー は 1TB と 2TB モデルどちらも Silicon Motion 製 SM2258H が採用さ れている。このほか、DRAM には Micron 製の DDR3 DRAM、USB モジュールは ASMedia 製 ASM1351、GigaDevice 製の SPI NOR 型 フラッシュメモリを使用。

これらは放熱シリコンに挟まれており、それを覆う筐体も放熱仕様。 2 重の放熱構造で効率的に熱を逃がす。

対応デバイス~テスト動画

公式対応デバイスは「PC、Mac、iPad Pro、Android、ゲーム機、カ メラ、その他」となっている。

公式写真ではこのようにカメラに延長ケーブルで接続するものが公開 されている。カメラ側でネットに接続してデータを保存するのもあり
かもしれないが、このように ECLLPSE にダイレクトコピーして、こ れをパソコンなどに開いて編集する方が(特に大きな動画データなど の場合)データ接続代もかからないうえに早く済むことだろう。

PS4 その他にも挿せるようだ。
実際にデバイスを使用する様子も動画で公開されているので見てみよ う。

MacBook Pro での Black Magic によるスピードテスト:

MacBook Pro で 10GB のファイルを移動するテスト:

なお 20GB の動画を ECLLPSE に移動するには 39 秒しか掛からない という。同容量を外付け HDD や SD カードに移動しようとすれば、 外付け HDD であれば 3 分、SD カードであれば 15 分かかるそう だ。

Android で使用する様子:

iPad Pro で使用する様子:

Indiegogo リワード

容量別に一般販売価格は 512GB が 149 ドル、1TB が 225 ドル、 2TB が 379 ドルとなっているが、キャンペーンではどれも 47%オフ となっているほか、複数分出資すれば最大 54%オフとなる。

頑丈さを売りにした無骨なケースの製品ではあるが、実はアクセント となる部分にはカラーバリエーションがある。

カラーバリエーションはオレンジ、ブルー、ギュールズ(赤)3 色と なっている。中に保存したファイル内容に合わせて色分けするのに便 利だし、自分の装備に色を合わせるのもいいだろう。

パッケージはスタイリッシュな化粧箱に、本体(キャップ兼アダプタは USB-A か Lightning か選択可能)、20cm の USB-C 延長ケーブ ル、ストラップとなっている。

5 年保障も付いている。長い保障期間は製品に対する自信の表れだろ う。
発送は 2021 年 4 月を予定している。

まとめ

水や砂、さらには血なんかが飛び交うような(病院とか)ハードな現 場仕事でも安心して使えるのは大きな利点だろう。

工事現場でも活躍するだろうし、 砂漠や川や海での写真や動画撮影、 ラフなバックパッカーアドベンチャーをするにも持って来いかもしれ ない。

個人的には機能はもちろん素晴らしいと思うが、見た目の無骨なスタ イリッシュさ、アクセントカラーを配しながらもそれが派手に強調さ れずに品がある点も評価したい。

このようにデザイン製の高さで知られる Peak Design の Everyday Backpack(当ブログでも過去に簡易レビューしている)にも似合 う。

Everyday Backpack の側面内部ポケットには USB スティック系を入 れるのに丁度良い仕分けポケットがあるのだが、写真のようにそこに 入れるにも丁度よい。

様々なデバイスのバックアップやデータの移動に、心強い SSD とな ってくれそうだ。

Credit THXPALM